レインボー療法とは

「病気」とは「気が病む」こ書きます。
これは「氣」の流れに支障が生じ身体のバランスがくずれている状態です。
東洋医学において「氣」の流れは大切なことです。

「氣」が滞ることなく身体を流れれば「血」の流れもスムーズに、「水」の代謝も適度に行われます。

痛みやしびれと言った問題も「気」の流れと大きくかかわっており、「気」の流れを良くすることは、健康を考える上で大切なことと言えます。

レインボー療法は、中国古来より伝わる陰陽五行説を基に開発されました。

レインボー療法

滞っている氣(エネルギー)の流れをバランスを良くする為に、7色のプラチナ繊維で出来た「レインボーテープ」と人体に有効な気(エネルギー)を強力に放射する「レインボーパワー」と呼ばれる器具で経穴(ツボ)や疾患部位にアプローチしていきます。

実際、色のテープを貼ったり、器具で氣の流れを良くする事で、その場で可動域が増えたり、痛みや症状が消えたり、軽減したりします。
個人によって感じ方はそれぞれ違いますが、大変多くの方に喜ばれております。

レインボー療法

レインボー療法の特徴

  • 体に有効なエネルギーを流すことで気・経絡の流れをよくします。
  • 自然治癒力を引き出す働きがあります。
  • 針とは違って、体を傷つけず、痛みを伴いません。
  • 電気も使いません。
  • 副作用もございません。

現在、日本、中国、韓国の医師・歯科医・治療家のもとで多くのすばらしい臨床結果が発表されております。

レインボー療法の驚くべき効果は多くの方に実感されており、非常に即効性のある療法で、私自身も驚きと感動の毎日です。
多くのすばらしい臨床が出ております。

「色」って効果なんかあるの?「色」の治療なんて?
・・・・とみなさん、思われると思います。

私もそんな一人でした。

人間は色を目で識別するだけでなく、体でも感じることができるのです。

真っ赤に塗られた部屋と真っ青に塗られた部屋では

体感温度が違う

  • 体温・血圧に変化
  • 鎮静・促進効果

・・・・・・このような効果を利用して医学にも使われています。

色の違いはもちろん目で見える色の違いですが、この色の違いは色だけでなく、それぞれ波長が違うのです。
言ってみれば、波長なり振動なり周波数が違うのです。

レインボー療法は色のそれぞれの特徴、効果を利用して体に働きかけます。
多くは東洋医学のツボに対して、疾患部位に対して色を使っていくことで効果を引き出していきます。

自分の体を癒す色、痛みを軽減する色をうまく体に働きかけるとで、さらに自然治癒力を引き出すことになると言えます。

レインボー療法は体に起きている症状をメッセージとしてとらえます。

人間の臓器は生きていく上で重要ですよね?
ですから臓器そのものが病んでしまうと、大問題となります。
下手をすれば命にも関わるかもしれません。

からだに起こる症状はメッセージだと考えて下さい。
それに気付く事で反省したり、戒めたりすることがとっても大事です。

レインボー療法において体に起きる症状は臓器の肩代わりとしておき、
それに気付くことで本丸である臓器を守っていこうと言う考えがあります。

臓器の肩代わりとしての疾患と東洋医学との関係において

黒・腎臓、膀胱経
腎・膀胱・耳・骨・冬・水・豆・北などと深い関係があると言われています。

腎・膀胱が病むと肩代わりとして耳が聞こえずらくなり、骨がもろくなり、

腎膀胱経の経絡上に痛みやだるさが出てきます。



冬は下肢の冷えに氣をつけて、そして目から肌から感じる黒い色があなたを癒します。



関連する疾患腎炎・腎不全・夜尿症・頻尿・

膀胱炎・前立腺炎・前立腺肥大・不妊症・性機能低下・インポテンツ・下肢の冷え性・耳鳴り・両肩凝り・耳疾患・骨がもろい・全体の頭痛
・肝臓・胆のう経
 肝・胆・目・春・木・怒・筋・酸・麦などと深い関係があると言われています。
肝・胆が病むと肩代わりとして目が疲れ、筋がひきつり、怒りっぽくなり、

肝胆嚢経の経絡上に痛みやだるさが出てきます。

少々の酸味と麦が体の中から、そして目から肌から感じる青い色があなたを癒します。



関連する疾患

肝臓の病気・椎間板ヘルニア・捻挫・打撲・関節痛・腱の損傷・眼疾患・右肩凝り・膝の内外痛・股関節痛・イライラ・偏頭痛・鬱病・リウマチ(中期)・月経異常
・心臓・小腸
心・小腸・舌・夏・火・脈・苦・黍などと深い関係があると言われています。
心・小腸が病むと肩代わりとして味覚が弱くなり、脈が乱れ、心小腸経の経絡上に痛みやだるさが出てきます。少々の苦味と黍が体の中から、そして目から肌から感じる赤い色があなたを癒します。

関連する疾患
狭心症・不整脈・心筋梗塞・動脈硬化・高脂血症・味覚障害・動悸・息切れ・循環器障害・仙骨の痛み・貧血・言語障害
・汗の異常・リウマチ(全般)・偏頭痛

・胃・脾経
脾・胃・口・土・湿・肉・粟・甘などと深い関係があると言われています。

脾・胃が病むと肩代わりとして口内炎が出るようになり、左肩が凝り脾胃経の

経絡上に痛みやだるさが出てきます。少々の甘味と粟が体の中から、そして目から肌から感じる黄色があなたを癒します。

関連する疾患
消化器疾患、内臓下垂、胃炎、胃潰瘍、糖尿病、筋肉萎縮、筋肉無力、筋肉痛、肥満、痩せすぎ、便秘、下痢、
疲れやすい、頭頂部痛、口内炎、子宮筋腫
白・肺・大腸経
肺・大腸・鼻・秋・金・皮・辛・稲などと深い関係があると言われています。
肺・大腸が病むと肩代わりとして呼吸器が弱くなり、皮膚に病変が現れ、肺大腸経の経絡上に痛みやだるさが出てきます。
少々の辛味と稲が体の中から、そして目から肌から感じる白い色があなたを癒します。

関連する疾患
気管支炎・喘息・潰瘍性大腸炎・鼻炎・アレルギー性皮膚炎・呼吸器系疾患・ギックリ腰・五十肩

 

参考文献 「レインボー療法のすべて」 小野田順亮先生 

 

レインボー療法

関係ある疾患や症状に対して『色』を体に補う事で、すばらしい臨床結果が出てます。

お気軽にお問い合わせください。0467-82-7215受付時間 9:30-20:00 [ 日・祝日 9:00-18:00 ]

メールでのお問合せはこちら お気軽にお問合せください。