カラーパンクチャーとは

カラーパンクチャーは「ボディ」・「ソウル」・「スピリット」に働きかける色と光によるカラーヒーリングです。
ドイツのピーターマンデル博士が考案し、ドイツでは医療保険も使えるカラーセラピーです。

カラートーチを使い、使いツボ・反射区・ゾーンに対して光を照射します。

 

「パンクチャー」とは鍼灸で言う「鍼」を意味し、「色の光の針」と言った意味になります。
7色の光で東洋医学や西洋心理学を理論をベースに行っていきます。

色の光をツボ・経絡・反射区そして細胞間の光のネットワークに働きかけることで
身体・感情・心理など様々な機能に働きかける、全く新しいカラーヒーリングです。

 

  • 鍼灸とは違って、痛みも伴わず、清潔で、安全です。

  • 針では刺すことが出来ない場所にも刺激を送ることができます。

  • 同じポイントでも寒色系の色、暖色系の色を使い分けることで、左右のバランスを取るよう働きかけていきます。

  • ココロとカラダに同時に働きかける、ホリスティックなトリートメントです。

  • さらにソウル・スピリットのバランスに働きかけると言ったスピリチュアル的なトリートメントもあります。

 

色って何でしょう?

太陽の光をプリズムに通すと、虹の7色に分かれます。これをスペクトルといいます。

人間の目に感知できる可視光線の波長は約380~810ナノメートルの範囲で、
視覚的な違いだけではなく、光の波長、周波数が違います。

色によって振動(バイブレーション)が違ってきます。
光は紫外線やマイクロ波のように電磁波です。

紫外線が日焼けを起こしたり、放射線が癌の治療に使われるように、
光として眼には見えなくても体に影響を与えることができるのです。

 

色の効果

「色」の種類によって体や心に与える効果、意味も違います。 
「色」が心や体に及ぼす効果は生理学的・色彩心理学的にも研究されています。

「色」による治療は今に始まったわけでなく、古代エジプトでも太陽光を使って行われたり、
色のついたガラスの窓際で、太陽からの色のついた光を体に当てたりしていきました。

生理学的にも・・・
真っ赤に塗られた部屋と青く塗られた部屋。室温は同じに保たれているにも関わらず、
赤い部屋は暖かく感じたり、血圧・体温も上がってきたりするようです。
青い部屋は逆に寒く感じたり血圧。体温も低くなってくるようです。

こんな効果も・・・
外灯の光を青くしたら犯罪が減るらしい。
個人的にはブルーな気分のように、青い外灯はあまりいい感じではないです。

ちなみにピンクの光を刑務所内で使用したら囚人の方達が落ち着いたなんてありますから、
刑務所にピンクを多用することで優しくなれるかもしれませんね。

カラーパンクチャー

ちなみに「色」は青、紫、ターコイズの様な寒色性と赤、オレンジ、黄色のような暖色性に分かれます。

この暖色性と寒色性の色を使い分けることによって

  • 沈静化させたり・興奮・活性化させたり
  • 緊張させたり・弛緩させたり
    ・・・こんな作用をうながすことができます。

カラーパンクチャーでは左右のポイントにこの寒色系と暖色系の色を使い分けます。
エネルギー的に強い方には寒色を。
エネルギー的に弱い方には暖色を。

カラーパンクチャー

暖色系と寒色系を使うことでバランスをとっていきます。

さらにこれらの作用を利用して

  • 東洋医学の経絡に働きかけることで臓器や器官に対しても影響を与えます。
  • ホルモン・リンパ・エネルギーレベルに働きかけます。
  • 心や感情にも色が影響を与えます。

 

カラーパンクチャーのトリートメントの種類

カラーパンクチャー

  • 身体の不調に対処
  • リンパを活性化させ免疫力をアップ
  • ホルモンのバランスの調整
  • ストレスの問題・抑圧された感情など、メンタルのバランス調整
  • 葛藤に対して
  • 脳の代謝
  • デトックス(毒素排泄)
  • 男性性・女性性の問題
  • 子宮期、胎児期のトラウマの問題
  • 生命エネルギーをアップ
  • コスメティック(美容に対して)
  • 人生の大掃除(トランスミッターリレー)
  • その他

・・・・・これらの目的に対して働きかけていきます。

 

トリートメントの時、こんな変化や反応が!

色の光を体のポイントに照射していると色々な変化を感じるかもしれません。

  • お腹がゴロゴロと動きだしたり
  • 暖色系寒色系に関係なく、暖かく感じたり、冷たく感じたり
  • 色々なイメージが出てきたり
  • 忘れていた記憶が出てきたり
  • 今まで抑えていた感情があふれてきたり
  • 夢をより見やすくなったり、色鮮やかになったり

・・・などなど

先日受けられたヒーラーさんは
「まるで深い瞑想をしているような感覚になれました!」と感想を述べてました。

それはセッション中に感じたり、セッションの後で色々な変化や気付きを得たと報告もされます。

人によっては感じ方、そして反応の出方は色々です。
中には全然感じない方もおります。

それは本人が感じないだけで体や心の方に反応が出ていることはあります。

キルリアン写真と言うのがあります。手と足の指先から光の放射を見る検査方法で、
光の放射の仕方によってどのような心と体のバランスなのかをピーターマンデルは研究を重ねました。

実際、光を入れる前と入れた後では光の放射はかなり変化がございます。
ですから意識としては感じなくても内側では変化がおきていると言えます。

カラーパンクチャーは肉体的な変化もそうですが、心理面の働きが注目されています。
光を入れたことで今迄抑えていた感情があふれだすことも。

みなさんがお持ちの症状もこういった心理面の影響の場合がございます。
自分の心理面の状態に気づくことで、ボディの方にもとってもいい影響を与えます。

カラーパンクチャーは気付きのセラピーとも言えます。

その内側に抑えていた心理の部分が夢の中で、リアルに反応するかもしれません。

自分にはどんな問題がるのか?
どんなことにとらわれているのか?

自分を知ることにつながるかもしれません。

 

カラーパンクチャーでは
★基本スペクトルカラーの7色
★ソウルスピリットカラーの4色
★グレーカラーの3色

これらを使ってあなたのボディ・ソウル・スピリットに働きかけていきます!
非常にリラックス効果もあり、不思議なトリートメントです。

お気軽にお問い合わせください。0467-82-7215受付時間 9:30-20:00 [ 日・祝日 9:00-18:00 ]

メールでのお問合せはこちら お気軽にお問合せください。